ようこそ川崎の学童保育へ


あなたは 番目のお客様です


ここは川崎市学童保育連絡協議会の公式サイトです。

 川崎市学童保育連絡協議会は、1972年結成以来、川崎の学童保育の充実・発展のために父母と指導員とともに活動してきました。活動を開始してから40年近くなりました。

 学童保育は、1998年に児童福祉法に放課後児童健全育成事業として位置付けられてから、全国的には爆発的な勢いと言っていいほど増えています。その数は、2010年5月現在で19,744か所(全国学童保育連絡協議会調べ)にまでなっています。また、入所している児童数は804,309人(同)となり、法制化されてから47万人増えています。

 一方、川崎市は、2003年4月からわくわくプラザを実施することによって、実質的に学童保育を廃止してしまうということを強行してしまいました。
 私たちは、市の青少年プラン発表以来、定員がないことや、スタッフの専任・専門性が保てないわくわくプラザでは、学童保育の役割を果たせないため、「わくわくプラザ」の必要性も認めながら、学童保育の存続を求め、両事業の併存を主張してきました。

 わくわくプラザが本格実施されてから10年目を迎えますが、民間学童保育所を選ぶ家庭が必ずいることや、わくわくプラザに行かなくなってしまった子の実態をみていると、両方の事業が必要であると言う主張は基本的に間違えではなかったと考えています。また、厚生労働省と文部科学省が連携して行っている「放課後子どもプラン」においても、両方の事業を推進するという考えが示されています。

 川崎市は民間学童保育を国庫補助の対象にすらこの10年間していません。でも、川崎から学童保育所がなくなったわけではありません。私たち川崎市学童保育連絡協議会は、学童保育が必要な子に、しっかりとした学童保育を利用できる機会が十分に与えられるよう活動していきたいと考えています。